高血圧対策に減塩食宅配を賢く活用

薬を飲まずに高血圧を治す方法

MENU

高血圧対策に減塩食宅配を賢く活用

高血圧対策に減塩食宅配を賢く活用すると便利です。

日本の成人の3人に1人、そして高齢者に至っては3人に2人が高血圧と診断されています。

そして高血圧は心臓病や脳卒中につながるので、血圧を下げて正常値に戻す努力が必要です。

高血圧予防のポイントとしては「減塩」と「体重管理」が有効で、特に塩分は1食につき2g、1日で合計6g未満に抑えることが有効とされています。

塩分は、摂り過ぎると喉が渇き、渇いたのどを潤すために水分を摂ります。

これは血液の浸透圧を一定に保つための生体反応で、これによって血液中の水分が増えて体内を循環する血液量が増えるので、血圧が高くなってしまいます。

この状態が続くことで血管はいつも張り詰めた状態となり、やがて厚く硬くなってしまうので、様々な病気を引き起こすことになってしまうのです。

減塩による血圧を下げる効果は1日に6〜8g減らすと高血圧患者の約2割は血圧が下がるとされています。

血圧が下がった人は塩分に反応しやすい食塩感受性タイプです。

そしてあとの血圧が変わらなかった約8割は、食塩に反応し難い食塩非感受性タイプと言われています。

後者の食塩非感受性タイプの人が減塩して血圧が下がらなかったことで、減塩は意味がないと考えている人もいますが、食塩に反応し難いタイプの人であっても減塩は必要です。

血圧に変化がなかったとしても、塩分の多い食事を続けることで肝臓は過剰なナトリウム排出に疲弊し、コレステロールを高めて血栓をできやすくしてしまうためです。

ところで、1日に6gの食塩といってもピンと来ないかもしれませんが、ラーメン1杯をスープまで飲み干せば簡単に摂れてしまう量です。

外食や加工食品の利用で、あっという間に6g越えとなります。

最近では塩分の摂りすぎに気をつける人も多くいますが、それでも平均して1日に10g強は摂っています。

このことから、かなりしっかりと塩分摂取管理をしていかないと理想の摂取量に近づくことは難しいのです。

とはいえ、料理が得意でなかったり忙しい時にはなかなか塩分管理は難しいものですし、たとえ料理が得意であっても1食に2gの食塩となると味も素っ気もない料理になって飽きてしまいそうですよね。

そのような時のお助けとなるのが、減塩食宅配です。

減塩食でお悩みなら、ウエルネスの塩分制限食コースがおすすめです。

塩分制限食コースは、カロリーは240キロカロリー、炭水化物は29g、タンパク質は18g、塩分は2gとなっていて、1食に含まれる塩分が2gという理想的な摂取量が可能なコースです。

もちろん、味が薄すぎて美味しくないということはありません。

ウエルネスの塩分制限食コースならば、減塩されていることに気付かないくらい味はしっかりとして、美味しさにこだわる人でも納得の味です。

1食600円程度で美味しい減塩食が食べられるので、たとえば夕飯に取り入れてみるなどしてみてはいかがでしょうか?
公式サイト→ウエルネスの塩分制限食コース【お試しセット】
ウエルネス塩分制限食

白井田七で高血圧や生活習慣病改善!

白井田七人参で高血圧や糖尿病や肝臓や更年期障害や貧血など改善!と口コミで人気です。
高血圧も、白井田七の血液サラサラパワーで改善です!
白井田七