喫煙すると高血圧になりやすい

薬を飲まずに高血圧を治す方法

MENU

喫煙すると高血圧になりやすい

タバコの喫煙による健康被害というと、肺がんなどがイメージされます。

しかし、実は高血圧にも関係するのです。

タバコにはたくさんの有害物質が含まれています。

その中のニコチンは、体内に入ると血管を収縮し、血圧をあげます。

ニコチンが副腎を刺激し、血圧をあげるアドレナリンやノルアドレナリンというホルモンが分泌され、それらが交感神経を刺激することで、血圧も心拍数も上げてしまうからなのです。

国立循環器情報サービスのデータでは、喫煙すると収縮機血圧が20、拡張期血圧が10以上増え、しかも心拍数も20程度増えることがわかっています。

また、タバコに含まれる有害物質は血管の内皮細胞にダメージを与え、血管自体をさびさせてしまうことがあります。

そうすると、血管が収縮している上に、血流も悪くなるため、ますます高血圧になりやすい状況になってしまいますね。

そして、その結果動脈硬化がすすむのです。

さらに、喫煙することで一酸化炭素が増加し、血液中が酸素不足となります。

酸素が不足すると心臓の働きに影響を及ぼし、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などの命に関わる病気の発症リスクを高めてしまいます。

このように、喫煙は高血圧を引き起こすことはもちろん、高血圧が引き金となって起こるハイリスクな病気の発症にも繋がってきます。

タバコは「百害あって一利なし」とはまさにこのことですね。

少しでもタバコの数を減らすことは、高血圧の改善に繋がりますから、高血圧が気になる人は、すぐにでも禁煙に取り組みましょう。

意志が弱くて禁煙できないよという方は、少しずつ減らしていきハーブの力で自然に卒煙できると人気の禁煙サプリメントのレスモを飲むのもいいですね。

白井田七で高血圧や生活習慣病改善!

白井田七人参で高血圧や糖尿病や肝臓や更年期障害や貧血など改善!と口コミで人気です。
高血圧も、白井田七の血液サラサラパワーで改善です!
白井田七